かつら・ウィッグのコラム
ウイッグの装着方法はやはりピンとテープですね

トップページへ
コラムのトップページへ

ナチュラルではピン又はテープでのカツラ・ウイッグの装着を推奨しています。
かつら・ウィッグの装着方法は下記の方法があります。
A:@ピンでの装着 Aテープでの装着 Bピンとテープの併用 ・・・ナチュラルのお勧め法です。
  夜はかつら・ウィッグを外して寝ます。残った髪の毛をできるだけ長持ちさせましょう!夜は育毛の時間ですよ。

B:編込式
これは絶対にカツラ・ウイッグが外れない方法です。しかし装着した最初は頭皮が痒くてもかけません。
無理にかつらをひっぱって頭をかこうとすると装着部分が引っ張られて自毛が抜けます。
第一不潔です。シャンプーしても結び目部分は汚れが溜まりやすくそこから脱毛が始まります。

C:接着剤での装着
1ヶ月着けっぱなしという欧米スタイル。当然絶対外れない。
抜けた毛は絶対に生えて来ません。地肌は呼吸しています。
ベーススキンは空気を通すタイプだと言っても自毛を剃り接着剤で頭に貼り付けるという事は当然地肌によいわけはありません。
また数ヶ月で製品がダメになるのでCMでは心を惹かれますがランニングコストが多くかかります。

黒髪はえ太さんのアドバイス:最初編込み→ピンと移行して使ってます。
はえ太は最初大手のA社で人工毛のかつら(ウィッグ)をつくりました。ピンというと不安で編込み式にしてもらいました。
これが大失敗!髪をかつらと結んでいる部分がどんどん抜けてしまいました。
それに装着した当初は頭皮が痒くてもかけない辛さ。半月もすると今度は自毛が伸びてカツラが頭皮から浮いてきます。
すると寝ている間に頭が動くのでしらないうちにかつらが髪を引っ張って髪は抜けちゃうのでした。
ピンタイプにしてからは夜は外して風呂でゆっくりマッサージしてケアして寝れますし、頭皮にもかつらにもお休みの時間が必要だなあって思います。
すごい強風にも外れないものですよ。
もしどうしても頭をつけて海やプールでもぐらないといけないときは超強力接着テープってのもありますので安心です。

電話でお問い合わせ
来店予約
無料メール匿名相談
資料請求
お買い物はコチラから

∴このページのトップへ
トップページへ
コラムのトップページへ
かつら・ウィッグのご説明
全国のナチュラルサロン
naturalが選ばれる理由
ご注文の流れ
4つの特別価格
かつら入門
特商法表記・プライバシー
お客様からの喜びの声
かつらのコラム
お問い合わせ先

ご予約はお電話で!
 

メールアドレス:wig@natural.co.jp
ナチュラル株式会社

☆「かつら・ウィッグ」のことならナチュラル(株)におまかせ。あなたにぴったりの完全オーダーメイドかつら・ウィッグをワンプライスで提供!☆
Copyright © 2006〜 ナチュラル株式会社 All Rights Reserved.
- かつら -